チーターだってお花が好きなの。


お久しぶりです〜^^

「チータだってお花が好きなの」という作品です。

新緑の季節、柔らかな光と風の中。

立ち込める花々の香りを感じて、じっと今の人生のひと時の喜びを噛みしめる風景を描きました。


全体像はこちら↓

このチーターたちは走り回ったあと、

少しばかりまったり休んでいます^^

私たちが毎朝起きて、毎晩寝るように。

チーターが毎日獲物を探し、得るために走り回るように。

私たちは仕事や学校、家庭など、人生の現場で何かそれぞれの目的を得るために常に走っています。

慌ただしく。忙しく。

しかし日常で、綺麗に咲いているお花に出会ってしまった時とか、

季節や周りの環境が日常にひと時の爽やかさをもたらしてくれた時は

目の前に大事なことがあっても、1分でも、10秒でも。

その爽やかな香りと風、花々の美しさ、自然の声に気づくことができたら、どれだけ心が和らぐでしょうか。

膨大な日常の中にささやかに現れる、そんな爽やかな出会いはいつも会える訳ではなく。

特に道端や街中に発見したお花は一瞬を過ぎれば

あと1年会えなくなるか、もしくはその場所では二度と会えなくなるかもしれない。

なので、チーターは地上の動物の中で最速を誇りながら疾走する動物として有名ですが

あえてチーターの走る姿ではなく、チーターだってお花と一緒にまったりしたい時もある!

という世界を描いてみました。

この絵を描き始めたのがちょうどGWの時だったので、ランニングしながら、

また藤まつりを見に行ったり、公園に行ったり、

花々とたくさん触れ合っていた時でした。

しかし今回はアクリル画ではなく日本画なのもあり、制作に時間がかかってしまいました・・・。

でも日本画はやっぱり良いですね!素材の力にとても助けられます。


またお会いしましょう〜^^