top of page

Dinosaur like a gentleman


お久しぶりです!

ブログの更新がだいぶ遅れてしまいました・・・。

昨年から私の生活が激変して、作品に入っていく時間がなかなか取れず

今は一枚の絵を仕上げるのに、ものすごく時間がかかるようになっています><

そんな日々を過ごしながら、私は今年に入って夢の中で3回恐竜に出会い、恐竜と道中を共にし、色々助けてもらいました。

今回はその恐竜との出会いと作品をご紹介したいと思います。

私は元々特別恐竜が好きという訳でもないし、全然詳しくもないです。

だけど、ある日の夢の中で私が自力では解決できない問題に直面して非常に困っていると、

突然恐竜が現れ、敬語で優しげに話しかけてくれ、

悩み事を解決してくれるのです。

最初に見た夢は、出口の分からない植物園で紳士的で優しい恐竜に出会いました。

全身がピンクと緑の2種類の色の恐竜でしたが、首が長い恐竜で、植物園から出られなくなった私の道中を共にしてくれました。

その途中、恐竜の仲間の大きな蛇や、様々な動物にも協力を仰いでくれて、心細かった私の心に温かく支えてくれ、頼もしく助けてくれるのでした。

特に数頭いた恐竜の中でもリーダーっぽい、オスっぽい緑の恐竜の名前は「のそ」でした。

夢で恐竜の「のそ」と友達になってから、私の寝室にある抱き枕は「のそ」と呼ばれています。

その後、今現在まで夢の世界ではまだ再会できていないのですが、私の隣でいつも「のそ」は寝ています。

さらに、その3日後ぐらいに別の夢を見ていたのですが、そこでも別の紳士的な恐竜に出会いました。

彼は、綺麗なオレンジ色の姿で二足歩行の恐竜でした。

その夢の中で私は自宅からかなり遠い街にある自転車屋さんでかっこいい電動自転車を見つけ、無計画にも買ってしまいました。

喜びも束の間、私が自転車を持って帰らなければならなくなった為に電車で帰れなくなった事に気づき、

自転車で何時間もの道のりをいく事に恐怖を感じていました。

・・・でも前に進むしかないので、スマホで地図を見ながら自転車を進めていましたが、

途中遊園地の側を通りかかった時に、オレンジ色の恐竜が気さくに話しかけてくれました。

私は事情を話すと、そのオレンジ色の恐竜はなんと私の家まで一緒に行ってくれるという事になり、

最初は自転車を押してくれました。

しかし道を進めば進むほど、だんだんとオレンジの恐竜は大きくなり、

気づいたら私を自転車に乗せながら、鷲が獲物を鋭い両足で掴むように

恐竜はそのようにして、私と自転車を空を飛びながら運んでくれるようになりました。

オレンジの恐竜の名前は「りゅう」でした。

「のそ」とは違い、現実世界でまだ「りゅう」に似たものが見つからないので今捜索中です。

私はそのまた数日後、夢の中で3種類目の恐竜に出会ったのですが、まだその絵は描けておりません・・・。

今年はなぜか恐竜にやたらと会うのです^^


Σχόλια


bottom of page